元新義州行政長官(北朝鮮)ヤン・ビン氏が表舞台に再び姿を現す

02-01 KUBU

成功にはあらゆる形がありますが、大躍進を可能にする価値観と原則には似通ったものがあります。

ヤン・ビン氏は、以前フォーブスに「中国で2番目に裕福な男」として挙げられた栄華を誇る、たたきあげの男。多くの業界にまたがるビジネスに携わり、そのすべてで広く成功を収めてきました。私たちの目には、ヤン・ビン氏の人生はまさに伝説。そして今、彼の新たな旅が幕を開けようとしています。

人並み外れた大いなる旅へ

世界で最も裕福な男の一人であるヤン・ビン氏の人生は、疑いなく、刺激的で洞察に満ちた物語です。1997年、ヤン・ビン氏は瀋陽にてユーロアジア農業ホールディングス(歐亞農業控股有限公司)本部を設立し、今ではハイテク農業の拠点として名高いユーラシアホーランドビレッジも建設。2000年、ホーランドビレッジは、中国政府により国際農業博覧会開催地に選ばれました。

ヤン・ビン氏は資本市場でも大成功を収めました。多くの企業に投資し、それらは後に上海証券取引所に上場。その後、フォーブスの決める2001年「中国大富豪ランキング」で純資産9億米ドルにて、第2位にランクイン。彼の会社は、フォーブスのグローバル200中小企業の1つにも選ばれています。

2002年9月、ヤン・ビン氏は当時の北朝鮮政府指導者である金正日によって、北朝鮮初の「資本主義」経済特区である新義州の行政長官に正式に任命され、中国と国境を接する新義州経済特区の農業開発を担当。

再び帆を上げる

何年にもわたる沈黙の後、ヤン・ビン氏は金融市場に戻ることを決意。今回、彼はEverest Associationを設立し、ブロックチェーンテクノロジーに焦点を当てることに決めました。名だたる有名人、投資機関の著名人、大手メディアは揃って、ヤン・ビン氏が再び脚光を浴びることに熱心な支持を表明しています。

Everest Associationは、業界内でのヤン・ビン氏の高い評判、組織の強さ、ビジョンを追い風に、東南アジア内での拡大計画を短期間で達成。Everest Associationは韓国、北朝鮮、日本に深く根ざしており、支持者の数は30万人近くに上ります。世界規模では、その数は100万人を超えます。

Everest Associationのビジョンは、仮想通貨とブロックチェーンに焦点を当て、デジタル経済の未来を形作ること。仮想通貨の研究を重ねた結果、ヤン・ビン氏は、ビットコインに秘められた途方もない可能性を発見しました。分散型ピアツーピアネットワークメカニズムを通じ、ビットコインは、不可逆的かつ破壊的な技術的価値をもたらします。国際送金手数料を抑えることに加えて、従来ではあり得なかった効率での取引が可能に。ビットコインの使用により、外部機関の承認、許可、または介入の必要性を排除できます。ビットコインは非常に安全であり、二重支払いを防ぐメカニズムにより偽造のリスクからも保護されています。

デジタル経済は、金融、モノのインターネット、サプライチェーン管理などの分野でも無数の使用例を誇ります。私たちが今目にしているのは、準備段階に過ぎず、綿密な研究開発が必要です。その先に、ビットコインとデジタル経済の素晴らしき未来が広がることでしょう。ヤン・ビン氏は遙か未来を見つめています。

Everest Associationは、仮想通貨とブロックチェーンテクノロジーが未来への鍵であると信じています。この新技術の採用率は急激に上昇しており、多くの政府がすでに、独自のデジタル通貨開発に乗り出しています。ブロックチェーンテクノロジーの可能性は非常に大きく、私たちの想像もできない方法で世界を変えることができます。この組織は、大衆の力を集め、ブロックチェーンとデジタル通貨に基づいた世界最大のコンセンサスを構築することでしょう。

未来をその手に。未来がここに。

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。
© Copyright 2006-2019 bituo.vip      お問い合わせください   SiteMap